2011年8月28日(日) 茅野市健康づくりのつどいに参加

平成23年8月28日(日)に茅野市民館で開催された第33回茅野市健康づくりのつどいに参加しました。
歯科医師会のブースにて石川、矢嶋、土橋3名の会員による歯科健診、歯科相談、8020運動(80歳以上で自分の歯が20本以上ある方)達成者の表彰を行いました。歯科健診は75名の受診者、8020運動も6名の表彰者がおり、市民の歯に対する関心の高さを感じさせられました。
来年度も参加予定ですのでぜひお越し下さい。


2011年7月28日(木) 横内地区高齢者クラブ「達楽会」で歯科講話

7月28日(木)午後1時から、横内公民館にて同地区高齢者クラブ「達楽会」の定例会(60名参加)において五味 章会員が「お口の健康に関わるよもやま歯話」と題して講演を行った。口腔(お口)の機能について、特に噛むことの大切さについてパワーポイントで説明がなされた。

また、不要になった冠、義歯などをリサイクルする歯の妖精事業についてと、東日本大震災の身元確認作業に派遣された中村会員の活動の様子などが報告された。

日頃よりまさかの災害に備えて、むし歯等を放置しておかず早めに治療をすませておくことと、定期健診を受けましょうとの話で講演が終了となり、五味会員も交えての懇親会が行われた。


2011年7月14日(木) 平成23年度茅野市高齢者大学で歯科講座

7月14日(木)午前10時~茅野市文化センターにて開催されました茅野市高齢者大学教養講座において中村達弥会員が講師を務め「しっかり噛んで歯っぴーライフ ~噛むことの大切さを学ぶ~」を演題に歯科講演を行いました。

当日は初夏の暑い中にも関わらず100名近い受講生が熱心に噛むことの8つの効果について学び、日頃当たり前のように噛んでいることが実は全身の様々な事に関与している事を知り、改めて「噛む」ことの大切さを認識しその基となる「歯」や「歯周組織」への知識と関心を深めました。

後半は大学からのご要望で先日の震災で身元確認作業に出向いた中村会員(講師)の被災地の様子を写真(スライド)を用いて震災の現状と被災地の様子をお話しました。

想像を超えた生の話と写真を目にして受講生の皆様のうちわを扇ぐ手が止まり受講生の皆さんがこの災害への感じ方、考え方、関わり方が変わったようでした。

 


2011年6月15日(水)「診療所労務のまるわかりセミナー」を開催

平成23年6月15日に社会保険労務士の平田達夫先生(成迫会計事務所)
を講師にお迎えし、「診療所労務のまるわかりセミナー」と題して学術勉強会が開催されました。
患者さんに、安心・安全な医療を提供させていただくには、医療従事者間のより正確で緻密な情報の把握が必要とされています。そこで今回は、医院全体が情報交換を迅速に行うために必要とされる良質な雇用関係、ならびにコミュニケーションづくりを目的として御講演をいただきました。
当会では今後も様々なテーマを設け、年に数回このような学術講演会を開催し、日々の診療において少しでも患者さんのお役に立てればと考えています。


2011年 6月 3日(金) 原小学校で丈夫な歯をつくる啓発事業

2011年6月3日、原小学校において児童会保健委員会の4〜6年生2 1人と学校歯科医、歯科衛生士らが寸劇を演じ、虫歯治療の勧めや正しい歯磨きの仕方、丈夫な歯のつくり方などを全校児童に発表しました。

H23.6.3原小学校児童保健委員会


2011年 2月23日(水) 歯科(無床)診療所における医療 安全対策について医療安全講習会を開催

平成23年2月23日、茅野市諏訪郡歯科医師会会館において医療安全講習会が行われました。

元県菌医療管理部部員であり当会員である五味章先生による「歯科(無床)診療所における医療安全対策~いざというときのために~」という演題で講演していただきました。

H23.2.23医療安全講習会


2011年 1月26日(水) マウスピース型矯正装置の臨床応用について学術講演会を開催

2011年1月26日(水)、茅野市諏訪郡歯科医師会会館にて学術講演会が行われました。

講師には茅野市のご出身で、現在東京都にてご開業されている平岡修先生をお招きし、「マウスピ-ス型矯正装置の臨床応用について」と題して講演をしていただきました。

H23.1.26学術講演会


投稿一覧

各種歯科検診のご案内

在宅歯科医療

茅野市諏訪郡歯科医師会では、寝たきりや体が不自由などで歯科医院に通院できない方のために訪問の歯科診療を行っております。

詳しくはこちら

市町村への寄稿

テーマパーク8020

よ坊さん

このページの先頭へ