2016年7月6日 感染症予防対策講演がおこなわれました

7月6日、茅野市諏訪郡歯科医師会会館にて「C型肝炎治療の新展開」の題目にて当会会員であり富士見高原病院に勤務されている草深佑児先生による講演が行われました。

C型肝炎は過去にはノンAノンB型肝炎としてウィルスがはっきりしないままの肝炎として輸血製剤などで感染が拡大した疾患で、現在では慢性肝炎の7割がC型と言われています。著効な治療法もなくインターフェロン療法などが主流でありましたが、最近では95%の治癒率(ウィルス排除率)という薬が登場して、患者の健康向上とともに歯科医療に携わる者にとっても「感染したら治らない病気」から「治る病気」となり朗報となりました。
医科の新薬による歯科治療体系の変化を学びました。

20160706


2016年7月2日 摂食嚥下講演が行われました

7月2日、茅野市諏訪郡歯科医師会会館にて諏訪中央病院に勤務されている総合診療科の奥 知久先生による講演が行われました。奥先生は摂食嚥下という「飲み込むこと」の疾患専門の先生で、現代の高齢者の食事の際の「むせ・誤嚥」の問題に取り組まれております。

講演では寸劇から受講者に問題と原因を問う形式で行われました。いままでの歯科治療では咀嚼までが治療の範囲で、医科は誤嚥した後の誤嚥性肺炎が対象で医科と歯科の治療の狭間の分野であり、新しい知見が多く得られました。高齢者が病院から自宅や施設での療養が主体と言われ、訪問診療が増える兆しがみられる昨今では、歯科の取り組みも増えるといわれています。

20160702


2016年2月5日 保険適応漢方製剤についての講演が開催されました

茅野市諏訪郡歯科医師会会館にて本会会員で日本歯科東洋医学会認定医の五味章先生による学術講演会が開催されました。
現在、健康保険で漢方薬の処方ができるようになりましたが、実際の臨床の現場で「いかに処方したらよいのか」という疑問に答える形で実際の症例を交えて講演していただきました。

保険適応漢方製剤は7種類で、歯痛に対しては立効散、口内炎に対しては半夏瀉心湯、黄連湯、茵蔯蒿湯の3方剤、口腔乾燥症に対しては、五苓散、白虎加人参湯の2方剤、歯周組織炎に対しては、排膿散及湯の1方剤が適応であること、また西洋医学の処方とは異なり漢方では患者の体質から処方する実証・虚証という考え方、心身一如という肉体と精神は一体という理論から発祥しているなどのお話をしていただきました。

 

12


2016年1月14日 富士見町地域元気リーダー養成講座5が行われました

富士見町町民センターにて富士見町地域元気リーダー養成講座が行われました。この事業は富士見町の社会福祉協議会が主催となり、地域包括ケアシステムを構築するのに必要なリーダーを養成するという事業です。茅野市諏訪郡歯科医師会でもこの事業に参加しており、会員の野村寿男が講演をいたしました。

歯科分野の講演ということで、「口腔ケアで介護予防&お口の体操法」の演題で講演し、介護を受ける高齢者の特徴として口腔乾燥には唾液腺マッサージや口腔内ストレッチ、嚥下(飲み込み)障害の予防としてはパタカラ体操の方法を講演しました。

参加者は40名以上となり全員が熱心に取り組んでおり、介護問題が富士見町の住民にとっての課題であることの重要性を感じる講演となりました。

 

201601-3201601-4


2015年度 ふじみ健口クラブが開催されました

昨年11月から5回にわたり「ふじみ健口クラブ」が行われました。この事業は寝たきりになるような重篤な介護を受けないようにするにはどうすればよいかというもので、お口からの健康向上を目的とした教室今回で7年目となります。高齢者の口腔の健康維持のためのトレーニングとして唾液腺マッサージ、パタカラ体操などを続けることで参加者はみなさんが口をそろえて「唾液がでるようになった」、「食事がスムーズになった」と好評を得ております。

健診・指導に長野県歯科衛生士会諏訪支部の衛生士さんのご協力をいただき、また茅野市諏訪郡歯科医師会から清水一仁、三井建三、野村寿男、三井貴信が参加いたしました。茅野、原村でも同様の事業をおこなっております。来年度も開催されますので関心のある方はご参加ください。

 

201601-1201601-2


2015年10月5日 茅野市諏訪郡歯科医師会会館にて「CAD/CAM冠セミナー」が開催されました。

CAD/CAM冠

2015年10月5日 茅野市諏訪郡歯科医師会会館にて「CAD/CAM冠セミナー」が開催されました。

CAD/CAM冠とは、先進医療の一つでハイブリッドレジンブロックを削り出して製作するものです。
2014年4月より「CAD/CAM冠」として保険適用になりました。

既存の診療では硬質レジンジャケット冠がありましたが割れやすい欠点があり、今回のCAD/CAM冠では強度が上がり破折しにくい性状を持たせてあり、金属冠より審美性に優れているのが特徴です。保健適用は小臼歯(犬歯の後ろの2本の歯)になります。

今回のセミナーでは、発売されているCAD/CAM冠用レジンブロックでも会社により性状の違い、切削の際の注意点、使われるセメント(接着性レジンセメント)の扱いかたなど説明していただきました。届出の必要な治療法であることから全ての歯科医院で行われているわけではありませんが、保健適用の白い奥歯が導入されたことで患者さんのニーズに近づけた治療法といえます。

セミナー後も若い先生をはじめ活発な質疑応答が行われていました。


2015年8月30日 「第37回茅野市健康づくりのつどい」が実施されました。

平成27年8月30日(日)茅野市民館において茅野市健康づくりのつどいが実施されました。
このイベントは、茅野市健康づくり計画「からだこころすこやかプラン」を推進する目的で実施されている茅野市の行事の1つです。市民の皆さんに「健康」について啓発を行う目的で行われており、医師会・歯科医師会・薬剤師会・栄養士会・臨床検査技師会・食生活推進協議会等の団体がそれぞれブースを設け、多様な情報提供を行っております。

201509-1

毎年、体験コーナー・健康相談コーナーはとても人気があります。
歯科医師会の歯科健診・歯科相談コーナーには、今年も多くの市民の方が訪れました。また、そのうち2名の方は8020達成者でしたので、清水芳幸会長より、表彰状と記念品の授与が行われました。一般の方も歯科に関する情報に多くふれ、口腔に関する意識も高く持つことで、心身ともに長く「健康」で過ごせるようありたいものです。
201509-2
201509-3


2015年2月19日 施設における口腔ケア講習会 が開催されました

五味章

施設における口腔ケア講習会  ~質問にお答え~

2月19日(木)午後2時15分~3時30分に茅野市泉野のケアホーム“いずみの”にて標記タイトルにて講演が行われた。講師は、五味 章が務めた。
事前質問にて、口腔ケアの際に一緒にできる機能低下の予防方法等はないか。舌ブラシの使用方法は?などなど多岐にわたる質問に対して、施設職員に対して講義とデモが行われた。


2014年11月16日 富士見町生活展に参加しました

平成26年11月16日(日)に富士見町町民センターで第32回富士見生活展が開催されました.
歯科医師会ブースでは野村寿男会員による無料歯科健診と長野県歯科衛生士会 諏訪支部の衛生士によるフッ素塗布がおこなわれ,多くの児童が参加していました。
検診に来ていただいた参加者は老若男女合わせて二十余名で盛況でありました。
毎年おこなわれているイベントですが今後さらなる活動を行っていきます。DSCF2223DSCF2225


2014年10月30日 「ふじみ健口クラブ」が開催されました。

2014年10月30日 富士見町町民センターにて「ふじみ健口クラブ」が開催されました。
この事業は富士見町支援事業特定高齢者介護予防事業の一環で高齢になっても口腔の健康維持を
行い、寝たきりなど重度の介護を予防するのを目的とした事業です。今回の参加者は男性参2名、女性8名の合計10名で行われます。初日は口腔検査、写真撮影、高齢者の口腔の講和、発音向上トレーニングなどを行いました。
健診・指導に長野県歯科衛生士会諏訪支部の衛生士さんのご協力と茅野市諏訪郡歯科医師会から
清水一仁、三井建三、野村寿男、三井貴信が参加いたしました。来年の1月まで5回の教室になります。

DSCF2218 DSCF2215


投稿一覧

各種歯科検診のご案内

在宅歯科医療

茅野市諏訪郡歯科医師会では、寝たきりや体が不自由などで歯科医院に通院できない方のために訪問の歯科診療を行っております。

詳しくはこちら

市町村への寄稿

テーマパーク8020

よ坊さん

このページの先頭へ